TOPICS

コラム

手術時の麻酔について

Category:初めての方へ  Date:2015/12/14

14993568022_77d7cee239_b

ペットがそれぞれ違うように、手術もそれぞれ違い、同じものは二つとありません。ですから、麻酔もそれぞれの症例に合わせて選びます。
当院では、鎮静剤&局所麻酔剤の併用から人と同様のガス麻酔まで、様々な状況に応じて麻酔担当獣医師がついて手術の間状態を把握し管理します。

麻酔をかけるときに大切なことは、その個体の状況を詳細に把握することです。現在の病気の事はもちろんのこと、既往歴をはじめとして飼主の方にしか分からないような細かな事を教えてください。その中に思いもかけない重要な事があるかもしれません。

現在の状況については、術前に血液検査をはじめとするその個体に必要な検査を行うことで知ることができ、麻酔による事故の危険性を最小限にすることに役立ちます。健康な個体と慢性疾患を持っている個体では、検査の内容が違ってくるのは当然のことです。リスクの高い個体ほど必要な検査は多くなります。『過剰診療』と思われることもあるかもしれませんが、手術の成功の為には必要だと言われた検査は是非受けてください。

PAGE TOP